読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

inoskheのブログ

チラシの裏にでも書くよう

AppleMusicではなくSpotifyでいいのでは

最近、AppleMusicに学生プラン(480円)ができてたのを知った。11月30日からスタートしてたらしいので、5ヶ月損していたことになる。萎えた。これをきっかけにAppleMusicが本当に必要か、さらには音楽との付き合い方まで考えた。

音楽を聴く時間

  • 作業時
  • 運動時
  • 移動時

自分は料理などの家事をしているときはPodcastを聴く。料理をするときはPodcastを聴くのが習慣になっている。逆にそれ以外の時間はほとんど何かしら音楽を聴いている。インターネット徘徊したり、通学してるときも音楽を聴いている。LoLとかゲーム内BGMがないゲームをしてるときも聴く。純粋に音楽を楽しむのではなく、BGMとして聞くことが多い。

音楽を聴く理由

有料音楽ストリーミングサービスを契約してるからという使命感のせいもあるかもしれない。でもやっぱり、音楽で生活が豊かになっている気がするから音楽を聴く。運動するときはモチベーションが高まるし、休憩するときはもっとリラックスできる。

どんな音楽を聴くか

邦楽はあんまり聴かない。上記のようにBGMとして聞く場合、日本語の歌詞は作業の邪魔になる。あとは単純に邦楽より洋楽のほうが好きなメロディーが多かったり、英語の発音が好きだったりする。音楽のジャンルは拘らない。だから、人気の曲とかおすすめプレイリストをテキトーに聴いている。

どのサービスを使うのか

今まではAppleMusicを使ってきた。曲数も豊富で使いやすかったけど、有料だしキュレーションがいまいち。Spotifyなら制限と広告があるものの、無料だしプレイリストも多い。上に書いたような自分の使い方ならSpotifyで十分な気がする。ということで、AppleMusicの自動更新を停止して、Spotifyを試している。いい感じである。