読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIMフリーじゃなくても格安SIMが使えるのでmineoにMNPした

日記

ある日、某京大卒(元)ニートのブログで「今年買ってよかったもの」記事を眺めているとmineoというMVNOの存在を知った。調べてみると、mineoではSIMロック解除しなくてもauで購入したiPhoneが使えるらしい(docomoもいけるが、softbankはNG)。2016年3月に購入した一括0円のiPhone6SIMロック解除できないと思っていた(そもそもこれが間違いっぽいんだけど)ので、すぐmineoにMNPを申し込んだ。

流れとしては

  1. Amazonでmineoエントリーパッケージ買う
  2. auに電話してMNP番号取得
  3. エントリーパッケージ届いたらmineo申し込みサイトでエントリーコード入力して申し込む
  4. SIMカード届いたら初期設定する

って感じ。説明書とかが丁寧なのでかなりスムーズに行えた。エントリーパッケージは買わなくてもいいけど、約1000円で事務手数料(約3000円)がタダになるのでお得。auMNP番号取得が電話でしかできないのが面倒だった。自動受付からオペレーターに繋がるまで10分以上待った。繋がってからも違約金の確認とかで時間をとられた。

auからMNPするときに違約金がかかるが、月々7000円だったのが1500円になることを長期的に考えれば、契約更新月によるけどMNPしたほうがお得。

mineoのプランはデータ通信1GBと通話のデュアルプラン。1GB少ないかもと思ったけど、先月のau通信量が0.5GBだったので1GBを選んだ。特に通信が遅いとか感じることもなく普通に使用できている。

注意したいのが、MNPだと契約から1年間の間に解約すると違約金約1万円が発生するところ。mineoが謳っている解約金なしというのはあくまで新規契約の話らしい。

ということでやっとのことで格安SIMに乗り換えられた。なんか解放された感がある。もっと早く知っていれば、もっと得できたのにと思わざるを得ない。情弱にならないよう、定期的に調べたり情報をキャッチできるアンテナを張っておく必要がある。