読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIMフリーじゃなくても格安SIMが使えるのでmineoにMNPした

日記

ある日、某京大卒(元)ニートのブログで「今年買ってよかったもの」記事を眺めているとmineoというMVNOの存在を知った。調べてみると、mineoではSIMロック解除しなくてもauで購入したiPhoneが使えるらしい(docomoもいけるが、softbankはNG)。2016年3月に購入した一括0円のiPhone6SIMロック解除できないと思っていた(そもそもこれが間違いっぽいんだけど)ので、すぐmineoにMNPを申し込んだ。

流れとしては

  1. Amazonでmineoエントリーパッケージ買う
  2. auに電話してMNP番号取得
  3. エントリーパッケージ届いたらmineo申し込みサイトでエントリーコード入力して申し込む
  4. SIMカード届いたら初期設定する

って感じ。説明書とかが丁寧なのでかなりスムーズに行えた。エントリーパッケージは買わなくてもいいけど、約1000円で事務手数料(約3000円)がタダになるのでお得。auMNP番号取得が電話でしかできないのが面倒だった。自動受付からオペレーターに繋がるまで10分以上待った。繋がってからも違約金の確認とかで時間をとられた。

auからMNPするときに違約金がかかるが、月々7000円だったのが1500円になることを長期的に考えれば、契約更新月によるけどMNPしたほうがお得。

mineoのプランはデータ通信1GBと通話のデュアルプラン。1GB少ないかもと思ったけど、先月のau通信量が0.5GBだったので1GBを選んだ。特に通信が遅いとか感じることもなく普通に使用できている。

注意したいのが、MNPだと契約から1年間の間に解約すると違約金約1万円が発生するところ。mineoが謳っている解約金なしというのはあくまで新規契約の話らしい。

ということでやっとのことで格安SIMに乗り換えられた。なんか解放された感がある。もっと早く知っていれば、もっと得できたのにと思わざるを得ない。情弱にならないよう、定期的に調べたり情報をキャッチできるアンテナを張っておく必要がある。

惑星コロニーシミュレーションゲーム『RimWorld』がめちゃくちゃ面白い

ゲーム

f:id:inoskhe:20160916165901p:plain

RimWorldっていうゲームがsteamで早期アクセス版が販売開始されたことを、あるゲーム情報サイトで7月に知った。3000円は躊躇するのに十分な値段だったので、そのときはスルーした。が、最近、ニコ動でRimWorldの動画を見て間違いなくハマると確信してすぐに買った。その結果、ドハマリしてしまった。3000円の価値は十分にあると思う。もし、これから買う人が目の前にいたら、多くの時間をこのゲームで失う覚悟があるか真剣な顔で問いたいレベルには面白い。

何が面白いのか

RimWorldは、惑星に不時着したキャラクターたちを操り、惑星からの脱出を目指すゲーム。プレイヤーがすることは主に3つ。コロニーの設計。入植者への仕事の割り振り。戦闘時における入植者の操作。

ストーリーテラーという設定のAIがあって、そのAIが多彩なイベントをプレイヤーに仕掛けてくる。大量の動物や原住民が村に襲ってきたりとか、疫病で農作物が全滅したりとか、感染病が発生したりとか色々。何回もプレイしていると、事前にそのイベントのために対策を講じるのだけど、そうしていると今度は別のイベントの準備に間に合わなかったりする。例えば、安定した食料供給のために冬でも農業ができる温室栽培の環境を整えたとする。しかし、その作業にあてた時間と電力コストのせいで、防衛システムの要であるタレットを準備できずに襲撃で全滅するといった感じ。 イベントの多彩さとランダムマップ、キャラクターの特徴によってリプレイ性が高くなってる。

セーブからやり直しができない設定でプレイしているので、もう何度最初からプレイしてるか分からない。ちなみに未だクリア回数0。全滅する度に、次はこうしたらうまくいくと考え、また「ぼくのかんがえたさいきょうのコロニー」を設計して、入植者たちに得意な仕事を割り振り、死なないようにRTSのような操作を行い戦闘させる。高いリプレイ性とプレイの自由度によって中毒性が生まれている。面白い。クリアしてからも、違うバイオームのマップと更なる難易度設定、縛りで楽しめそう。それに拡張性が高いゲームなので、Modやアプデによってさらに面白くなったり、別の楽しみ方が増えたりしそう。ゾンビmod入れてウォーキング・デッドごっこや、火星mod入れてオデッセイごっこしたりとか。

正直トレイラー見ただけじゃ魅力わからなかったけど、実際にやってみるとすげー面白い。電子ドラッグだ。


RimWorld Trailer #1

カメラのキタムラのネット中古予約購入を利用してX-T10を買った

カメラ 写真

f:id:inoskhe:20160908222807j:plain

カメラを買い換えることにした。悩んだ末に、買うのは FUJIFILM X-T10 に決定。 なんでX-T10にしたかは別に書くとして、今回はカメラのキタムラでのネット中古予約購入に焦点をあてたい。

中古か新品か

安くない買い物、しかもカメラという精密機械を中古で買ってよいものか悩んだ。 結局、1万円安くなるという誘惑に負けて中古で買うことにした。

どこで買うか

最初に考えたのがメルカリとかラクマみたいなフリマアプリ。しかし、検索しても販売中の商品はない。諦めて、フリマアプリは前のカメラを売ることに利用した。 ググッて出てきたのが、カメラのキタムラ

公式サイトで検索すると、見つかった。X-T10。Amazonの中古価格より多少安い。しかも、最寄りの店舗で実際に確認してから購入できるという神システム。プロが検品してくれて評価A(ホコリや傷がない美品)の安心感も、カメラのキタムラでの購入を後押ししてくれた。

購入予約する

住所とか個人情報入力して会員登録する。欲しい商品を選んで、最寄りの店舗を選択。

確認メールがくる

翌日、予約購入確認メールがくる。

「買いにきていいよ」メールがくる

確認メールから2日後、商品が届いた旨を伝えるメールが届く。同時に電話もきた。出られず、あとからかけ直すと、出ない。メールだけじゃなく電話でも伝えるのかと疑問に思いながら店舗に向かった。

商品受け渡し

レジにいる店員に名前を伝えると、品名を問われるので答える。店員が床に並べられた箱の中から1つ選び、ショーケースの上に置く。「どうぞ、確認してください」と言われる。付属品を確認して、レンズをボディに取り付け、チリとか傷とか確認する。問題なさそうだ。というより、傷やホコリ以外に何をチェックすればいいのかよくわからない。代金を支払い、商品と保証書をもらう。

感想

Amazonとかで買うより時間はかかるけど、実際に店舗で確認してから買えるのは安心感がある。もちろん、送料なんてかからない。便利なシステムだ。非常に満足。カメラとか値段の高い商品を中古で買うときはCtoCは不安なのでBtoCで買ったほうが安心かな。ただフリマアプリを確認したところ、最安値(sold out)はさらに1万ぐらい安かった。新品か中古か、ネットかリアルか、BtoCかCtoCか、値段か安心か、難しい難しい。